SAKELIFEから届いた日本酒、ホームパーティで飲むとさらに美味しいです

Mar 24, 2014

日本酒定期購入サービス「SAKELIFE」のモニター3ヶ月目です!
今回で最終回です。

1ヶ月目、2ヶ月目の記事はこちらです。

日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」から美味そうな日本酒が届いたので家族旅行に持っていって両親と飲みました。 | しらさかブログ
色んな酒器で「SAKELIFE」から届いた日本酒を飲んでみました | しらさかブログ

SAKELIFEとは

日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」から届いた日本酒を色んな酒器で飲んでみました

SAKELIFE」は日本酒の定期購入サービスです。
老舗酒屋の二十五代目店主の高橋さんが、日本全国から厳選した美味しい日本酒を毎月送ってくれます。

今月届いたお酒

今月送られて来たのは、「浦霞」というお酒です。

DSC08231

DSC08238

今回のお酒は平成12年から10年以上も寝かせた熟成酒。

【熟成酒について】
熟成酒とは‐SAKELIFEでは日本酒を独自で熟成させています。
熟成させることで得られる効果は大きく3つあります。
・二日酔いになりずらい‐熟成させることによりアルコールが分解され体内での分解・排出をスムーズにします。
・まろやかになる‐熟成での味の変化は、まろやかになる成分が大きく変化することが確認されています。
・香り‐香り成分が大きく上昇します
また、氷温(-5℃)のセラーにて日本酒を熟成させていますので、
味の劣化の原因となる、乳酸菌や酢酸菌などの菌の増殖を抑えて熟成させています。
(SAKELIFEメールマガジンより引用)

今まで熟成酒って飲んだことあったかな……?
そもそも日本酒ってワインみたいに寝かせたりできるんですね。

10年の時を経てもなお果実のような香り高い芳香と
軽やかながらも後半から中盤にかけて広がる
お米の甘み・旨味はまさに
「春のようなほのぼのとした酔い心地の酒」です。

こちらの浦霞は、熟成がなされている分
旨味も存分に引き出され、
冷・常温・ぬる燗、、、
様々な温度で違った味を見せてくれる面白いお酒です。
(SAKELIFEメールマガジンより引用)

変わった形の酒器も届いた

今回の熟成酒に合った酒器ということで、
ツボミ型のおちょこが「浦霞」と一緒に届きました!

DSC08234

ツボミ型かわいい。

【今回の酒器について】
今回は酒器として、カネコ小兵製陶所が製造している、
一献盃4種の内の一種類をお送りします。

4種類の一献盃はそれぞれ、
ストレート型、ラッパ型、ワングリ型、ツボミ型の四種類があり、
それぞれの酒器にピッタリ会うお酒を皆様にお送りします。
同じお酒でも酒器によって味が大きく変わる事を是非ご体感ください。

今回はツボミ型です。
口径が小さく、くくっているので、盃が鼻にあたり、傾けにくいため、
チビチビとしかお酒が口の中に入ってきません。
香りはくくりの中に閉じ込められ、鼻でフタをしているような状態。
香りに鼻を突っ込みながら、舌先で舐めているような味わい方です。
(SAKELIFEメールマガジンより引用)

ホームパーティで飲みました

今回のお酒は、ホームパーティで飲むことにしました。
やっぱり、みんなで飲むお酒は美味しいですね。

ちなみにその日は「お弁当づくりワークショップ」的なのが同時開催でした。
その時の様子はこちらのブログをどうぞ。
曲げわっぱのお弁当箱買ってみたら勃発したわが家のお弁当革命 | URAMAYU

DSC08237

DSC08240

 

DSC08236

DSC08235

この日のメインは、鴨鍋。鴨鍋のスープの隠し味にも少しだけこの日本酒を入れてみました。
日本酒が進む進む、5人でいただいたのですが、
ワイワイ話しながら飲んだり食べたりしていたら、あっという間になくなっていました。

ブログモニターを終えて

今回の記事で全3回のブログモニターは終了となります。
色々な場面で送っていただいた日本酒を飲みましたが、
職人さんの技と大地の恵みによって生まれた日本酒は、
みんなを笑顔にする魔法をもっているんだなと、改めて感じました。

SAKELIFEさん、ありがとうございました。
気になった方は、ぜひサイトをのぞいてみてください。

SAKELIFE -美味しい日本酒を厳選して毎月お届けする定期購入サービス-

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

アイコン描いていただいた