[アウトレイジ公開直前]映画館でソナチネを観た

Jun 10, 2010

現在、早稲田松竹で、アウトレイジ公開記念と称して、北野武監督作品のキッズリターンとソナチネが期間限定で上映されています。

この頃の北野映画は、まだ僕が映画館に行ったことすら無い時代です(当時小学3年生)。この機会を逃すと、一生映画館で観ることは出来ないんじゃないか、と思い、DVDでもう既に3、4回は観ている、ソナチネを観てきました。(キッズリターンは、最近DVDで観たばかりだったので、諦めちゃいました。)

ソナチネは、北野映画の中ではかなり好きな方なのですが、日本ではあまり当たらなかったようです。

公開当初、それ以前の北野映画と同様に非常に難解な映画と受け取られ、興行収入は不振を極め、1週間で上映が打ち切られる映画館が出るほどだった。
しかし1994 年にロンドン映画祭やカンヌ国際映画祭で上映され、欧州を中心に高く評価された。これを契機に、現在でも「キタニスト」として知られる北野映画ファンが世界的に誕生した。
Wikipediaより)

日本のヤクザ映画なのに、日本人より先に欧州で認められるなんて、少し寂しいですよね。「1週間で上映が打ち切られる映画館が出るほど」だって!? こんなに面白いのに!

生と死を考えさせる、間の取り方というか、虚無感の表現が上手すぎる。
特にグッとくるのは、「あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ」って言うセリフと、エレベーターでの銃撃戦、そして久石譲のBGM。思い出しただけで武者震いするような、良い映画です。

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

インセプション観た(ネタバレなし)