つけめん屋の大盛・特盛が同料金、という制度が嫌いなのは僕だけでしょうか。

Aug 20, 2012


(写真は池袋「狸穴(まみあな)」です、美味いです)

最近多いですよね、つけ麺屋さんの「量問わず全て同一料金」という制度。
並盛でも大盛でも特盛でも全て同じ料金ですよ、というこのシステム、僕は嫌いです。

理由はとてもシンプルで、
「特盛以外を頼むと損をした気分になるから」
です。

定食屋の「大盛り無料ですがいかがですか?」は気にならないんです。
この、量が3つから選べて、その3つともが同じ料金、というのが嫌なんです!

僕も、かつては
「同じ料金で特盛が食べれるなら、特盛いくでしょ」
と明らかにキャパを超えた量を頼み、涙目になりながら食べていた時期がありました。

そんな僕も、「同じ料金なのに量が少ない」という理不尽さを大人の対応で飲み込み、
華麗に食券の「大盛」ボタンを押せるようになるまで成長しました。

でもやはり、「損した気分になる」のは変わりません。
「なんてコスパがいいんだ!」とか言っちゃうひとは、特盛を頼むひとだけです。
並盛・大盛を頼むひとは、そんなこと思いません!

量に応じて50円でも、30円でも差をつけるべきです!!
そうすれば、気持よく並盛が食べられるのに!!!

って思うの、僕だけでしょうか……?

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

あわせてどうぞ

iPhoneでごはん写真撮るなら「LINE camera」一択!