【書評】「ロートレック荘事件」筒井康隆(ネタバレほぼ無し)

Jul 25, 2012

ミステリマニアの俺が日本推理小説ベスト10を発表する – ゴールデンタイムズ
を見て衝動的に買った、7位のロートレック荘事件を読みました。

読む前から「叙述ミステリー」とは分かっていたのですが、トリック全然わからなかった。悔しい。
参考:叙述トリックとは – はてなキーワード

叙述というと、どうしてもフェアかアンフェアか問題がありますが、
この「ロートレック荘事件」も、そういう風に言われる作品だと思います。
僕も、ラストまで読んで、「ちょっとフェアじゃないなあ」と思ったのですが、
読み返してみると、トリックに気付ける余地がちゃんとあるんですよね。
そう思いながら読み直すのは、すごく面白いし、ミステリの醍醐味です。
ミステリー好きにはたまりません。

ただ、トリックの特性上、文章に違和感を感じる部分がところどころ出てくるため、
読みづらいなぁ、と思ってしまうと思います。ラストまで読んで腑に落ちますが。
ちなみに、wikipediaに盛大にネタバレがあるので、ご注意ください。
ロートレック荘事件 – Wikipedia

この「ロートレック荘事件」、読み終わってから知ったのですが、結構有名な名作だそうですね。
未読の方、ぜひ。200ページ程と短めで、読みやすいですよ!

白坂翔
白坂翔

1984年生まれ。ボードゲームカフェJELLY JELLY CAFEオーナー、将棋カフェCOBINオーナー、マーダーミステリー専門店Rabbitholeプロデューサー、株式会社人狼の代表取締役。ポーカーとゴルフが好きです。MORE

あわせてどうぞ

ライムスター宇多丸の地上波初レギュラー番組!