映画「ゼロ・グラビティ」がイマイチと思った理由を考えてみる(ネタバレ)

Dec 26, 2013

周りで大評判の「ゼロ・グラビティ」です。
映画館で予告編を3、4回くらい見たことはあって、
そのときは、「面白くなさそう……」と思ってたのですが、
まわりの評判が良すぎだったので観て来ました。

……イマイチでした。
確かにハラハラさせる展開はあったし、
宇宙空間の描写とかすごいかったし、
ラストは、生きるって素晴らしいですね!
とも思ったのですが、面白いか面白くないかでいったら、「面白くない」です。

なんでそう思ったのか、考えてみました。
たぶん、「ラストまでの展開が想定内すぎた」からだったのだと思います。

この映画をひとことでまとめると、
「宇宙で漂流して、なんやかんやでなんとか地球に帰ってこれた」っていう話です。

これ、予告編見ただけでも十分想像できます。
「最後は無事地球に着いてよかったね的なオチなんでしょ?」
と思ってみてたらホントにそのまんまの展開でビックリしました。

別に映画に意外性を求めてるわけじゃないのですが、
予告編で見たときの小さい期待値を上回らなかった、
というのが正直な感想です。

あ、でも、サンドラブロックは本当にいい女優さんですね。
好きなサンドラ・ブロックは「スピード」です。

映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト

追記

いい記事。
「ゼロ・グラビティ」が映像以外全くおもしろくなかった件。 – チャーリーより強いやつに会いに行く

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

「女は顔で、男は顔じゃない」の理屈の説明