【Excel小技】請求書等で翌月末の日付を関数で自動入力する方法

Mar 30, 2012

弊社は、基本月末締め、翌月末支払いのお仕事が多いです。
請求書をエクセルで作る際、
発行日は=TODAY()を使って自動入力出来るのは知っていましたが、
「振込期限の日時(翌月末の日付)を自動で入力する関数は無いものか?」
と探してみたところ、ありました!

EOMONTH関数を使うのです。(EndOfMonth、かな?)
=EOMONTH(TODAY(),1)
とすることで、翌月末の日付を表示させます。

翌々月末支払いという可哀想な案件の場合は、
=EOMONTH(TODAY(),2)
てな具合です。

上記の場合は、基準日が今日になっていますが、
=EOMONTH(DATE(2012,3,30),1)
とすることで、
「2012年3月30日の翌月末の日付」を表示することができます。

これで、今後、
「お送りした請求書の支払期限の項目に誤りがありました。
正しくは、<中略>お手数をお掛けして申し訳ございません。」

というメールを送らなくて済みます!
よかった!!

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

Windows-Macでの色味の違いをお手軽にCheck!