湊かなえの「告白」読了(ネタバレ無し、たぶん)

Apr 30, 2010

$しらさかブログ

告白、読みました。
すごく、救いようの無い小説です。
僕は、こういうダウナー系の話は好きな方なので、
この「告白」も、最後まで一気に読めました。

「すごいなぁ」と、思ったのは、
割と現実には、あり得ない事件が起きるんですが、
あんまり違和感無く読み進められた点です。
普通なら、「そんなバカな」と突っ込む部分も、
スムーズに物語に入っていけた。
出てくる登場人物が、みんなすごく人間味があるから、
リアリティがあるんですよね。きっと。

あと、登場人物が全員、すごく弱いんです。
全員、超、利己的。最後までエゴまみれです。
そこが人間くさくて、よかったかなぁ。

この「告白」、映画化されているみたいですね。
6月5日ロードショーらしいです。

主演が松たか子なのですが、
多分、映画化すごく難しいと思います。
小説ならではの描写が多すぎて、
映像にするとツラいなぁ、と思いながら読んでしまいました。

原作読んでから映画観ると、ガッカリしそうな気がします。
違いを楽しむならアリかもしれませんけど、
映画版「告白」を観る予定の人は、
原作をあえて読まないことをオススメします。

原作を読んでしまった僕は、映画版はきっと観に行きません。

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

ホームページの背景って大事。