やっぱりキーボードはHappy Hacking Keyboardしか考えられない

Apr 20, 2011

ここ2年くらい、Happy Hacking Keyboardというものを使ってました。
今まで使ってたのは、
Happy Hacking Keyboard | HHKB Lite2 for Mac | PFU
というもの。

Happy Hacking Keyboard | HHKB Lite2 for Mac

かな無刻印ですっきりしたデザインで、横幅も30cm弱とちょうどいいコンパクトさ。
値段も5000円程度と、長年使うと思えばそこまで高くない。
「タイプミス無くなるよ!」と言われて買ってからというもの、ずっと愛用していました。
実際タイプミスは少なくなったし、タイプ音も大きすぎず、小さすぎず。心地いい音が気に入ってました。

しかし最近、新スタッフ用にキーボードが必要となりまして、
「ならばいっそのこと!」と思い、ずっと欲しかった、
同じくHappy Hacking Keyboardの「Professional JP」を購入しました。
Happy Hacking Keyboard | HHKB Professional JP | PFU

HHKB Professional JP

今まで、使用していた「Lite2」と比べると、この「Professional JP」はなんと2万越え。
Professionalシリーズは、「Professional JP」と「Professional2」の2タイプあるのですが、
「Professional2」の方は、矢印キーが無かったり、Fnキーが右にしか無かったりと、
かなりのプロ仕様のため、無難な「Professional JP」にしました。

「どこが違うんじゃい」と思いましたが、いざ使ってみると、なんともソフトタッチで使いやすい。
使い始めこそ、今までの癖でタイピングが軽すぎる、という違和感があったのですが、
慣れてくると女体のようなやわらかさが、たまらない。

公式サイトによると、

電極端子の接触によりスイッチングを行う従来方式に対し、コニックリング(円錐バネ)を押し下げることにより、電極に接することなく電荷の容量値変化を捉えスイッチングを行う静電容量無接点方式を採用しました。
・シリンドリカルステップスカルプチャで押下圧45g。長時間の使用でも疲れにくい、軽いタッチの理想的な操作性を実現。
・チャタリングがなく3000万回以上のキー寿命を実現する抜群の耐久性。
・カップラバーとの一体感で、防塵効果と優れたフィードバック感を実現。

とありまして、専門用語多くてよく分からないけど、結構なこだわりの様子。

というわけで、新しい相棒はこの黒い子になりました。
新Happy Hacking Keyboardで、僕は生まれ変わったように仕事をします。

参考レビュー:
【レビュー】匠好みのキーボード – PFU「Happy Hacking Keyboard Professional JP 墨(日本語配列モデル かな無刻印)」 (1) 多くの要望に応え、「日本語配列モデル かな無刻印」が登場 | パソコン | マイコミジャーナル

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

松本人志監督作品「R100」観ました。今までの松本映画の中で、一番ひどかった。(ネタバレあり)