一番好きな映画のひとつ「Buffalo'66」

Mar 3, 2010

New York, I Love Youに出演している、
クリスティーナ・リッチが、別人のようになっていて、びっくりしました。
$しらさかブログ
12年前のクリスティーナが、一番かわいかったなぁ。
なんというか、人間味があって。

というのは、僕の一番好きな映画のひとつに、
「Buffalo’66」というのがあるのですが、
その中のクリスティーナはそれはもう、天使のようでした。

Buffalo’66

俳優ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・音楽・主演の4役をこなしたオフビートな人間ドラマ。最初はミニシアターで公開され、独特の色彩感覚やカメラワークで一部の映画ファンにカルト的な人気を誇っている。

Buffalo’66でのクリスティーナ・リッチ
$しらさかブログ
ギャロ演じるビリーが、もうダメ男すぎて、相当感情移入できるんですが、
それをほっとけない、クリスティーナ演じるレイラ。かなりグッときます。

この主人公に感情移入できるのは、きっと男だけなんだろうな、
と思わせるあたりも、ミニシアターらしくて好きです。

挿入歌も、キング・クリムゾン、イエス、スタン・ゲッツなど、
プログレ好きにはたまらないですよ。
サントラ、かなりイイです。

DVDとあわせて、ぜひどうぞ。

バッファロー’66 [DVD]
バッファロー'66 [DVD] おすすめ平均
starsレヴューを書かずにいられない!
stars心の闇を描ききり、丸裸にしたギャロの勇気に、心の底から拍手を送りたいっ!
stars玄人作品!
starsギャロの繊細な感性に脱帽。
starsACによるフラッシュバック
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

出来れば女性がいる場で言わないほうがいいセリフ