新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた

Mar 6, 2011

新潟のJR越後湯沢駅構内にある「ぽんしゅ館」で、
利き酒体験してきました。

ぽんしゅ館

【利き酒コーナー】
越後の96酒蔵の代表銘柄の利き酒マシンがあります。受付で渡されるコイン(5枚)とオリジナルのおちょこを持って、ずらっと並んだ地酒ラベルの前へ。好みの地酒が見つかったら、コインを入れてスタンバイ、ボタンを押せば適量の冷えた地酒が出てきます。

利き酒といっても、ガキ使みたいに、
「私が飲んだのはー久保田ではございません!」
みたいなやつではなくて、
越後の96の代表銘柄の飲み比べができる、というものです。
利用料金は、500円。

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
5枚のメダルと、おちょこを手渡されます。
1枚で1杯飲めるので、500円で5杯飲めるシステムですね。

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
ぽんしゅマシーンがこのように並んでおります。

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
久保田は人気ランキング1位でした。

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
こんなふうにおちょこをセットして、
メダルをいれると一杯分の酒が出てきます。
「地元住民おすすめ」とか、丁寧な説明や売り文句があるので、
知らないお酒ばかりでも選びやすくしてくれる配慮はありがたいです。

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
感動したのは、「無料」の塩がたっくさん!

新潟ぽんしゅ館で利き酒してきた
お塩! お塩! 舐め放題。

そんなかんじで、5杯分のお酒を飲んだのですが、
残念なことに、僕のバカ舌は3杯目くらいから麻痺してしまい、
ほぼ全部のお酒が同じ味に感じてしまいました。
言い換えれば、どのお酒も同じくらい美味しかったよ!
ということ、にしておいてください。

新潟、越後湯沢にお寄りの際は、ぜひ!

【日本酒プロデュースしました】
「10,000日目の日本酒」 企画日本酒蔵×ハチヨンイズム

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

F-12Cレビュー「Suicaのウィジェットがかわいい&便利」