映画アバター観た。

Jan 12, 2010

映画アバターについてみんな褒めすぎなので、
どんなもんじゃい、と思って観てきました。

行ったのは川崎のIMAX
初めてIMAXで観たけどすごいよIMAX。映画館もここまできたか、ってかんじ。
公式サイトにも書いてある通り、まさに「ファーストクラスの映像体験」。
料金も2,200円と割高なんだけど、こんだけ金かけてりゃ2,200円くらい取りたいよな、
って思いました。

3Dは、やっぱりすごい。
ディズニーランドのアトラクションに3時間乗ってるみたい。
もはや映画じゃなくてアトラクション。
だけどディズニーのそれみたいに、飛び出すとかじゃなくて、
遠近感をリアルに表現しているというかんじ。

ストーリーは、周りのひとも言ってますが、かなりベタ。
ベタだけど、盛りだくさん。
糸井重里さんも、ほぼ日でこんな風に言ってました。

3D元年の記念碑的作品という言い方もあるけれど、
その内容は、これまでの映画の集大成的なものでした。
西部劇、戦争映画、スパイ映画、SF映画、恋愛映画、
パニック映画、怪獣映画、ジブリ‥‥もっともっと。
ラーメンで言えば、もう「ぜんぶ盛り」ってやつ。
だけど、ただのサービスでぜんぶ盛ってるわけじゃない。
先人たちへの敬意を込めつつ、裏返したりひねったり、
もっと大型にしたり、とにかくなにかしらやらかしてる。

さすが糸井さん、
ラーメンで言えば「ぜんぶ盛り」だなんて、言い得て妙!

僕は正直、ベタなストーリー大嫌いなのですが、
映像美のおかげで、あまり気にならなかったです。

でもやっぱ、上映時間3時間弱は長い。
個人的に映画は90〜100分くらいがベストだと思ってるので、
IMAXだから良かったけど、DVDとかで観たら結構きついだろうなぁ、
って思ってしまいました。

まぁでも、今歴代興行収入2位らしいので、
そういう意味でも、とりあえず、観とくべきでしょう。

僕は、最高興行収入映画の一覧観る限りじゃ、
興行収入と面白さは比例しないと思っている方なので、
それらの映画が好きじゃないひとには、アバターも
「映像はすごいけど、ふーん」っていう映画じゃないですかね。

そういう意味では、やっぱり、
僕には少ない予算で、我武者羅に撮ったミニシアター系の方が向いてるなぁ、
って改めて思いました。
個人的に2009年観た映画で一番良かったのは、
宮沢りえ主演のゼラチンシルバーLOVEです。

まぁでもとにかく、
「映画、今後3Dでチカラいれてく?どうする?的作品」のアバターが
ここまで成功しているので、今後こういう3D映画は増えていきますよね、きっと。

個人的には、ジブリ作品をPIXARと共同製作して3Dで!とか観てみたい。
ハウルの動く城を3Dでリメイク!とかめちゃ観たい。ムリかな。

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

家庭用レーザーカッター「FABOOL Laser Mini」を買ったので早速息子のおもちゃを作ってみた