mixiボイス、正式サービス化で日本のミニブログはどうなる?

Sep 19, 2009

ついにmixiも仕掛けてきましたね。
Twitter対抗、mixi「エコー」正式サービスに APIも公開へですって。
記事によると、

ミクシィの笠原健治社長は7月31日、SNS「mixi」上で実験サービスとして提供している、Twitterに似た機能「みんなのエコー」を今後、正式サービスに格上げし、日記と並ぶコミュニケーションツールとして提供する計画を明かした。APIの公開も検討している。
 Twitterは、140文字までの短いテキストを投稿し、ユーザー同士でゆるくつながるサービス。SNS的な要素も含んでいるため、「Twitterを本格的に始めて、mixiにあまりログインしなくなった」というユーザーも増えてきている。

ということで、海外からじわじわ日本にも広まっているtwitterに、
日本最大のSNS、mixiも、黙ってられん!と言わんばかりの
ミニブログサービス正式開始ですね。

これでmixiユーザーのハートをがっちりつかんで、
twitterに乗り換える流れを打破しようとしてるのでしょうか。

このmixiボイス、本家ミニブログのtwitterにとっては
あまり好ましくないかもしれませんが、
このサービス開始によって、
日本でのミニブログ市場が盛り上がるのは、うれしいですね。

ちなみに僕は、完全なTwitterユーザーなので、
今更mixiボイスを使おうとは思わないんですが、
Twitter2Mixiというサービスを使って、
Twitterでのつぶやきを自動でMixiボイスに投稿しています。

日本最大SNSのMixiの新ミニブログと、世界最大のミニブログサービスのtwitter、
今後の動向が楽しみですね。

このふたつのサービスの徹底比較が詳しく載ってる記事がありました。
あわせて、どうぞ。

mixiボイスと Twitter の違いまとめ

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

椎名林檎の中田ヤスタカとの初コラボ「熱愛発覚中」のコレジャナイ感