しんぼる試写会行ってきました(その2)※ネタバレ少しだけ含みます

Sep 10, 2009

最近ブログのアクセス多いなぁ、と思ってたら、
しんぼるの試写会行ったときの記事が、
「しんぼる ネタバレ」でgoogle1位になってたみたいです。

確かに公開前の今、雑誌の表紙やらなんやらで
しんぼる盛り上がってますもんねー。
せっかくなので、その2と題して、思うところ書きたいと思います。

まず、前も偉そうに書きましたが、
日本人にはウケないと思うんですよね。
特に大日本人がダメだった人は、しんぼるもダメだと思います。

ただ、映画祭受けはしそう。
松ちゃんが海外意識して作った、っていうだけあって、
今度のしんぼるは、なんらかの賞を受賞すると思います。
(この予想は結構自信ある)

また、前の記事で、

でも、VISUALBUMよりは、ごっつええ感じ寄りの笑いなので、
わかりやすいとは思います。
その方向性は、大日本人と同じかな。

って書きましたが、
あらためてVISUALBUMを見返してみると、
結構VISUALBUMに近いかもしんない。

VISUALBUM見たひとしか分からないと思うので微妙ですが、
劇中の小道具の使い方なんかは「マイクロフィルム」っぽいし、
世間の目が届かないとこで、的な世界の作り方は「いきなりダイヤモンド」っぽい。

HITOSHI MATSUMOTO VISUALBUM DVDスーパーBOX
HITOSHI MATSUMOTO VISUALBUM DVDスーパーBOX おすすめ平均
stars松本人志の狂気の形
stars天才の最高傑作
starsみんな芸人、演技に抜けがない
stars後世に残るお笑い作品
starsカリスマの集大成

Amazonで詳しく見る

なんだかんだいっても、長いコントなんですよね。
インタビューでも松ちゃんは
「映画っていわれると照れる」って言ってたし。
映画っていうカテゴリを使っただけで、
やってることは、いつもの松ちゃんのコントです。

そこらへんが許せないひとは、見てもキツいと思うなぁ。
できれば、映画とかいう枠をあえて意識しないで、
ひとつの作品として見ると楽しめると思います。

松ちゃんも、試写会で
「悪意をもたずにニュートラルな気持ちで観てくれたら楽しめる作品になってます」
って言ってるし。

そういう意味では、ハリウッド好きには向かないのかなぁ。
ミニシアター系っぽいですね、独特な世界観とかが特に。

監督でいうと、
スタンリーキューブリック、ラースフォントリアー、
あたりが好きなひとは、好きなんじゃないかなぁ。

スピルバーグ、ジョージルーカスとかが好きなひとは、
ピンとこないんじゃないでしょうかねー。

なんか独断と偏見で書いてしまったんですが、
今から観に行こうと思ってるひとの参考になれば幸いです。
もちろん僕も公開初日に観にいきますよ!

最後に、超貴重な北野武×松本人志の監督対談をどうぞ。

対談の後編は、しんぼる公開日、9月12日の情報7days ニュースキャスターです。
あわせて要チェックですよ!

白坂翔
白坂翔

東京のWEB制作会社の代表をしています。デザイナー兼ディレクター。
JELLY JELLY CAFEというお店のオーナーでもあります。MORE

LINE@やってます

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あわせてどうぞ

実家に帰ったので、新日本三大夜景を撮ってきました